ポールマッカートニーの全身3Dデータが無料公開中

新曲プロモーションに合わせ公開されたポールマッカートニーのフルボディスキャンデータ

PaulMcCartney-3dprint-1

2014年12月にリリースされたポールマッカートニーの新曲『Hope For The Future』。こちらのミュージックビデオのプロモーションの一環として公開された、ポールのフルボディスキャンデータ。同データは、彼のサイトpaulmccartney.comから公開されており、誰でも自由に3Dプリント造形などを楽しめるようになっています。

ご自身で3Dプリンタを所有しない方は、DMM.makeやShapewaysなどの外部出力サービスを利用してみるのも良いかもしれません。
ファイルのダウンロード先が分からない方はこちらからダウンロードが可能です(ファイル形式はSTL/サイズは50MB)
3Dプリントが済んだら#HopeForTheFutureのハッシュタグをつけてツイートしてみましょう!

PaulMcCartney-3dprint-4
顔のたるみも再現されてますね。

参考用としてデータをSketchfabへアップしてみましたが、かなり綺麗に仕上がっているのが分かりますね。

下映像では、MakerBot Replicatorで造形されていくポールの様子が見られます。

人気ゲームDestinyをベースとしたPVでは、ゲームシーン内にホログラム投影されるポール。下のメイキング映像では、3Dスキャンされるポールが見られます。

完成したミュージックビデオがこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る