3Mから3Dプリンタ用プラットフォームシート発売

特殊表面加工で造形物をしっかり固定しきれいに外せる国産プラットフォームシート3099AB

3m-3099ab-1

スリーエム ジャパン株式会社(以下:3M)は、ABS樹脂やPLA樹脂を使った3Dプリンターの造形時に樹脂をしっかり固定し、プリント後に簡単に外すことができる専用シート『3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB』をリリースしました。

3m-3099ab-2

この分野の製品としては米国 Ideal Jacobs Corporationの「BuildTak」が有名ですが、シートへの定着性が高い反面、プリント後の造型物をシートから剥がしづらいなど、かなり使い勝手に苦労するユーザーも多い製品でしたが、今回リリースされた『3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB』は、耐熱性のある特殊ポリエステルフィルムを採用し、表面にナノレベルの微細な凹凸構造をもつ世界初の特殊な表面加工を施しており、プリント時にがっちりと樹脂を固定し、冷却時に収縮しやすく造形がむずかしかったABS樹脂であっても変形を起こしにくく、成形物の反りを軽減します。

3m-3099ab-6

また、プリント後の成形物を簡単に取り外すことができ、取り外した底面も鏡面仕上げの美しい状態になります。

3m-3099ab-4

製品には耐熱性のある粘着シートが採用しており、プラットフォームを加温して使う場合にも適しています。

3m-3099ab-3

3Dプリントに3Mのマスキングテープを利用するユーザーも多いと思いますが、このようなシートがリリースされたことで、造形時の反りや剥がれの問題も軽減されるかもしれませんね。

3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099ABは、Amazonから購入することができます。

3099AB 製品仕様


関連記事




DMM.make DISPLAY

関連記事

ページ上部へ戻る