ZBrush Summit 2014で発表されたZBrush4R7

ZBrush Summit 2014で公開されたZBrushの新バージョン「ZBrush4R7」 

zbrush-4r7-1

2014年8月8日~8月10日まで開催されたPixologicのZBrush Summit 2014において、最新版の「ZBrush4R7」が発表されました。

id.artsも古くから利用しているスカルプトモデリングツール「ZBrush」は、3Dスキャンデータのブラッシュアップや、3Dプリンティング用モデルを製作するためのツールとしても活用する、最強の3Dスカルプトソフトです。

今回発表された新バージョンでは、ポリゴンモデリング機能の強化と、64bit対応(ベータ版)など古参ユーザーにはうれしいバージョンアップ内容となっています。
サミットで公開されたデモ映像でも分かる通り、ポリゴンモデリング機能の向上はかなり良い感じですね。64bit対応については、32bit版を通常版とし、64bit対応は「ベータ版」としての扱いになるそうです。正式な64bit対応は「ZBrush 5」以降になるようです。
また、「KeyShot」とも連携が発表され、早期購入キャンペーン(249ドル ※通常は349ドル)も実施されるそうです。

MayaやMAXでベースモデリングを行い、ZBrushでスカルプトモデリング。と言う作業の流れが一般的かと思いますが、ここまでポリゴン機能が強化されると、他の3Dモデリングツールによるローポリモデリングとか不要になるかもしれませんね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る