FDMプリンタを使いサポート無しの空中3Dプリントを実施

Ultimakerでサポート無し3Dプリントを実行!

Kickstarterで大成功(2億4000万円を調達)した「3Doodler
先日、ナカバヤシが日本国内独占販売をするというニュースが報じられましたが、こちらは既存の3Dプリンター「Ultimaker」を使った空中3Dプリントアイディア。

Ultimaker1

エクストルーダーの温度管理、ファン回転速度、出力スピードなどを絶妙なバランスで調整し、実現した「3Doodler」のような空中プリントテクニック。これはかなり高度なテクニックだと思いますが、面白いアイディアですね。3Doodlerで綺麗な造形物を作るにはかなりコツが必要ですが、この方式ならもう少し手軽に中空タイプの立体造形が可能ですね。

 

「3Doodler」国内販売に関する情報

3Doodlerは、専用の棒状フィラメント(PLA/ABS樹脂製)を本体に差し込み、溶解した材料の樹脂がペン先から押し出されるというシンプルな仕組み。これにより、空中に線を描くような動作で立体アートを描けるというもの。溶けた樹脂は常温で冷え固まるため、短時間で3Dプリント造形が可能。

  • 国内代理店:ナカバヤシ(開発元:Wobbles Works)
  • 発売日:2014年4月上
  • 本体価格:16,000円(税抜き)
  • 材料価格:1,500円(専用プラスチックフィラメント)
  • 本体サイズ:187(高さ)×37(直径)ミリ
  • 重さ:130グラム
  • 付属品:ACアダプタ、専用プラスチックフィラメント50本(PLA樹脂、ABS樹脂各25本)

本国の本体価格99ドル(本体)、材料価格9.99ドルを考えると、良心的な価格設定ですね。それでも本国から購入したい!という方は、こちらからご注文可能です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る