3Dプリント技術も活用したThe Dark Night フィギュア

特注ジオラマや高精度カスタムフィギュアを製作するGeeWhiz Customsが製作した3Dプリント The Dark Night

BATMAN75周年記念イベントなども開催されるTOYCONPH 2014 様々なフィギュアコンテストが開催される中で入賞した、3Dプリント技術を用いた The Dark Night 1/6 スケールアクションフィギュア。

id.artsでも、過去に製作したオリジナル The Dark Night iPhoneケース(下写真)をこちらからご紹介していますが

batman_finish

GeeWhiz Customsが展開するカスタムフィギュアは、3Dプリント技術の活用や、プロフェッショナルペイント仕上げ加工により、細部まで作りこまれた高精度なジオラマなどを多数展開。3Dプリント技術の活用事例としてとても参考になりますね。

3Dモデルデータ製作はAutodesk Mayaにて実行され、アーマー、ヘッド廻り、脚部、ユーティリティベルト等のベースをモデリングし、ZBrushにて細部のブラッシュアップを行っている。
作業工程としては一般的な流れですね。id.artsでも、キャラクター関連の製作では、Autodesk 3DS MAXによるモデリング~ZBrushという工程がベースとなります。

geewhizcustoms_batman-2

データは原型製作のため高解像度3Dプリンタを利用して出力され、プリント後には手作業による丁寧な仕上げ加工を行っている。成形後に完成した作品も全て手作業で塗装されているそうです。
衣装も含め、1/6スケールでここまで仕上げるのは素晴らしいですね。

彼らのFacebookYouTubeには素晴らしい作品が多数アップされているので、興味ある方は是非ご覧になってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る