いよいよ出荷開始Replicator Z18

出荷開始されたMakerBot 第5世代最大サイズのReplicator Z18

3d-printer-replicator-z18-1

CES2014で3種類の第5世代プリンターを発表したMakerBot。Replicator (5th G)、Replicator Miniに次いで、最大積層領域を持つReplicator Z18の出荷を開始しました。
日本国内での正式発送日はまだ公表されていませんが(2014年6月17日現在)、海外では発送が開始されたようです。
第5世代機の中で最も高価なZ18は、最大積層サイズが305 x 305 x 457 mmと、同シリーズ中最大のプリント領域を有する機種。457mmの高さまで積層できるのはとても魅力的ですが、発売直後の不安定さは同シリーズの特徴?でもあるようなので、ちょっと不安ですね。造形サイズが大きい分、僅かな誤差が大きなエラーに繋がりますし、材料のロスもサイズに応じて大きくなります。
この辺りも含め、ユーザーの反応を見守っていきたい部分です。

Replicator Z18 主な仕様

  • プリント方式:FDM
  •  プリント領域: 305(L) x 305(W) x 457(H) mm
  • レイヤ解像度:100ミクロン
  • フィラメント径:1.75mm
  • ノズル径:0.4mm
  • カメラの像度:320×240ピクセル
  • 最小積層ピッチ:  0.1mm
  • 本体サイズ: 493 x 565 x 829 mm
  • サポートファイル:STL、Thing、OBJ、Makerbot

日本では、ブルレーさん他でも取扱中 価格は¥829,800

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る