「Open Sourse Watch」スマートウォッチプロジェクト

市販電子部品と3Dプリンタで造るオープンソースベースのスマートウォッチ「OS Watch」

oswatch_1

Open Sourse Watch」は、今秋Maker Faire ローマで公開される予定のオープンソースベースの自作スマートウォッチ。
Arduino互換のMicroduinoにBluegiga社のBLE112-Aチップを組み合わせ、小型のLEDスクリーンや振動用モーター等の市販部品で回路を構築し、外装を公開されている3Dプリントデータから造形すると言う完全なオープンソースベースの自作スマートウォッチプロジェクト。

oswatch_2

構築に必要な情報は、同プロジェクトサイト「Open Sourse Watch」から全てを入手することが可能になっています。構築に必要なパーツ類、3Dプリント用外装データ(stl)、各種コードやライブラリデータなど、全てが同サイト上にアップされており、必要に応じて様々なカスタマイズも可能になっています。
外装デザイン(3Dプリント造形)は、各パーツの収まりなども含めもっとブラッシュアップ可能と思えるので、ちょっとトライしてみたいですね。

oswatch_3

グーグルのスマートウォッチ用のアンドロイドウェア

Googleが発表したAndroid Wear(アンドロイドウェア)については以前お伝えしました。スマートウォッチというモノに対して懐疑的な部分は否めませんが、Android Wearに関連する様々なツールやコンテンツサービスが生まれることで、スマートウォッチ分野はもう少し発展するかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る