オリジナル3Dモデルの投稿&発表ができる「ニコニ立体」がサービス開始!

Unity3DやMMDなどの3Dデータ投稿ができるドワンゴの新サービス「ニコニ立体」がスタート!

niko3d

 ドワンゴの3Dモデルデータ投稿サービスが、2014年5月2日よりいよいよスタートしましたね。
id.artsでもこれまでいくつものUnity関連コンテンツをご紹介してきましたが、『ニコニ立体』は拡張が進めばこの分野においてのキラーコンテンツになるのでは?と期待しています。
ニコニ立体は、一般ユーザーが制作したUnityやMMDモデルの投稿を行うサービス。現時点では3Dモデルの発表の場として利用することをサービスの趣旨として紹介されていますが、今後コンテンツの拡充により、様々なサービスに展開できるのでは?と期待しています。

Unity対応のブラウザ(Google Chrome等推奨)にて、投稿データの閲覧が可能です。是非試してみてください!
投稿データをベースにした新作ゲーム開発や、3Dプリント技術やHMDを活用した新たなコンテンツが産まれたり、初音ミクのような新たなキャラクターがこのサービスから産まれるかもしれませんね。
また、ニコニコ動画など他のサービスとの連携や、投稿作者に対して奨励金を支払う「クリエイター奨励プログラム」にも対応するそうです。

niko3d_2niko3d_3

ニコニ立体公式サイトからの引用

“ニコニ立体は、主に3Dモデラーの皆さんの発表、交流の場として利用していただくことを想定したサービスです。unity3d形式ではゲームエンジンUnity 3Dの出力物という性質上、ゲームの投稿も可能となっておりますが、3Dモデルの発表の場というサービスの趣旨をご理解いただきご協力をお願いできれば幸いです。また、アダルトやグロテスクな要素を含むもの、並びに他者の権利を侵害するコンテンツの投稿は禁止させていただきます。”

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る