MAKERS

「欲しいものは3Dプリンタを使って自分で作る時代がやってくる」

一代ムーヴを引き起こした、「MAKERS」の著者クリス・アンダーソン氏(元WIRED編集長)のインタビュー

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

  1. デスクトップのデジタル工作機械を使って、モノをデザインし、試作すること(デジタルDIY)。
  2. それらのデザインをオンラインのコミュニティで当たり前に共有し、仲間と協力すること。
  3. デザインファイルが標準化されたこと。おかげでだれでも自分のデザインを製造業者に送り、欲しい数だけ作ってもらうことができる。また自宅でも、家庭用のツールで手軽に製造できる。(後略)
    『MAKERS』32ページより

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る