サンリオが3Dプリントハローキティを公開

サンリオがMakerBotと提携し3Dプリントハローキティシリーズを販売開始!

makerbot-hellokitty1

日本のキャラクターというよりも、今や世界的なキャラクターとして認知され、世界中のセレブ達をも魅了するハローキティー。
そのハローキティの40周年を記念し、サンリオ社とMakerBot社が共同で、MakerBotプリンターで造形されたハローキティーシリーズをリリース。同サービスに関連する情報は、2014年10月30日にロサンゼルスで開催されるハローキティーConで正式発表される。

サンリオは、今回のプロジェクトのために 3Dプリント可能なハローキティーシリーズをラインアップ。
衣装もセットとなったモデルの他、着せ替え衣装やアイウェアなどのアクセサリーも充実させていく予定。初期にリリースされた27作品のキティをプリントするための造形時間は約11時間。完成品のサイズは89mm×118mm×156mmになるそうです。
この3Dプリントキティーは「
MakerBotデジタルストア」とMakerBotの公式アプリ「MakerBot PrintShop」上から購入が可能で、価格は3.99ドルから

makerbot-hellokitty2

MakerBotデジタルストアとMakerBot PrintShopに、世界的な人気のあるキティーが登場したことで、同サービス上のキラーコンテンツになることは間違いありませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る