LINEの発表で業界に激震?!

LINEビジネスコネクト&LINE Creators Market

楽天による「Viber」の買収、Facebookによる「WhatsApp」買収、そしてSoftBankによる 「LINE」買収の噂と、連日話題の耐えない無料通話・メッセンジャーアプリ関連ですが、今回のLINEの発表は業界に大きな衝撃を与えましたね。

LINE ビジネスコネクト

「LINE ビジネスコネクト」は、公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。

2efcbabb

LINEがAPIを公開することで、企業の既存データベースや自社システムにLINEをつなげるようになるため、様々なサービスへの展開が期待されます。
まずは、一部企業と連携してケーススタディを作り、段階的に導入企業を拡大していく予定です。」とある通り、制限無くどんな企業にも公開されるものでは無いと思いますが、このAPI を活用した新たな3Dサービスなども、工夫次第では構築できるかもしれませんね。APIを公開するサービスビュロー各社と連携する仕組みなども面白そうです。

詳細はこちら

 

LINE Creators Market」 公開予定:2014年4月頃

LINE Creators Market」は、職業、年齢、プロ、アマチュア、個人・企業を問わず、LINEユーザーであれば誰でも自分が制作したスタンプを「LINE ウェブストア」上で販売することができる新たなプラットフォームです。スタンプの売上の50%がクリエイターに配分されます。

img_keyvisual

自分の作ったスタンプを、世界数億人のユーザーに公開できるこのシステム。
イラスト描きクリエイターには待ってました!の素晴らしいシステムですが、公開には厳しい審査が待っているでしょうし、ライバル数も桁違い。よほどのキラーコンテンツを有する方でないと、収益をあげるのは難しいかもしれません。仮に、今後LINEのスタンプが3D対応などすれば、更に面白いキャラクター制作が可能になるかもしれません。3Dキャラクターにエフェクトなど掛けられるようになったら、かなり面白いスタンプが作れそうですね。

詳細はこちら

 

LINE電話/LINE Call」2014年3月より日本・アメリカを含む世界6カ国で開始

面倒な初期設定や基本料金・初期費用は一切不要
固定への通話1分2円・携帯への通話1分6.5円の低料金で利用可能
複数の大手回線事業者のプレミアム回線を採用、クリアで途切れにくい高音質を実現

c67871e9

従来はLINEユーザー同士でしか出来なかった通話が、国内・海外・固定電話・携帯電話問わず格安で通話が可能に!LINEのヘビーユーザー世代には固定電話を有する方は少ないかもしれませんが、店舗・家庭問わず固定電話や海外への通話が安価になるのは有り難いですね。品質通話もかなり向上しているようです。

 詳細はこちら
 業務系ツールとしても今後益々拡張していきそうなLINEに期待です!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る