WebGL眼球シミュレーター「Eye Texture Raytracer」

眼球モデルのリアルタイムシェーディング (GLSL) DEMO「Eye Texture Raytracer」

eye_shader_1

これまで様々なWebGLツールをご紹介してきましたが、Eye Texture RaytracerはSurfacing ArtistのArtur Vill氏によるリアルタイム3D眼球シミュレーター。
他のWebGL同様、Google Chrome他WegGL対応ブラウザでシミュレート可能です。
興味ある方、まずはこちらからお試しください
以前ご紹介した、Autodesk Project Shapeshifter 同様、パラメーター(スライダ)の変更のみで簡単にリアルタイムシミュレートが可能なWebGLツール。Shapeshifterのように3Dデータの書き出しはできませんが、WebGLでどんなことがきでるのか、そのDEMOの一つとして楽しめると思います。
※過去にご紹介したWebGLツールはこちらからまとめてご確認いただけます。

各パラメータの操作により、瞳の大きさや屈折、環境光の変更などが可能。

eye_shader_2

Eye Texture Raytracerの主な特長

  • 角膜屈折をシミュレートするためのテクスチャレイトレーシング
  • パラメーターによる眼球カスタマイズ
  • 角膜頂点の変位
  • ノーマルマップ
  • 反射
  • IBL

眼球単体の3Dデータは弊社ライブラリとしても幾つか所有しているので、公開予定のデータ共有サイトから提供できるようにしてみようと思います。このWebGLシミュレーターで作った画像を3Dプリント用マッピングファイルしても使えそうですね。
それらも含めてご用意してみようと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る