iPhone4S SHUFFLIN

3Dプリンタ出力した SHUFFLIN iPhoneケー

アップした写真は、制作過程の未塗装状態です。
ケース本体とロゴマークを別体として制作し、研磨仕上げ。
中価格帯のFDM方式では、精細なエッヂを出すことが難しいため、研磨時の加工によるエッジ出しを想定し、モデリング~造形。
細部のパーツをバラバラに造形することで、磨きあがりの精度と塗装時のマスク作業量を軽減。
3Dプリンターにて出力後、研磨仕上げ(未塗装)した後、ロゴマーク等を接着。
ケース本体にはカードスロットを設置し、Suicaなどをセットして自動改札でも利用可能です。


こちらは、テスト用に一体造形した物
やはり、FDM方式では仕上げ工程に難あり。

パーツ類は別体で出力

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る