3Dプリンター メンテナンスレポート

出力に不具合が出たため3D Printerヘッド部品を交換

年間数十万円の保守費用を払っていても、基本的にメンテナンスはユーザー側で実施します。
主な作業内容は、写真に添えたコメント通りです。

【症状:射出不良により、造形が上手くいかない】

メーカーサポートに問い合わせ、ヘッドパーツを交換するよう指示を受ける。

先ずは材料カートリッジを取り出す。


次に、ヘッドカバーの取り外し
材料溶解のため、プリンター内部は大変な高温状態、作業用手袋は必須!

カバーを外し、内部を細かく点検
小さな材料のカスなども見逃さぬように、チェック!

マニュアルに添って作業
年間数十万円の保守を払っていても、作業は自分で…
これも勉強

引き出したヘッドパーツ

交換用の新品ヘッドパーツ
これだけで4万円以上します(汗

新品のヘッドパーツに交換
ヘッドパーツは繊細なので、慎重に作業!

ヘッド廻りの交換、洗浄を終えカバーを装着。
その後は、射出状態などを確認するため、再び材料カートリッジをセット。

交換した、古いヘッドノズル
だが、結果的にこのノズルには異常は無かったように思える。

ノズルカバーは消耗が激しいパーツ
今回もかなり焼き付いていたようだ。

 

【作業を終えて】 

結果的に、サポート側から指摘された「ヘッドノズル」の不良では無かったようです。
恐らく、ノズルカバーの消耗、材料の状態(湿度などによる影響)、造形時のサポート設置方法など
様々な要因が複合的に重なり、エラーになったようです。
改善が必要と思われる上記部分に対し、改良を行ったところ、無事造形完了しました。

この価格帯の3Dプリンタでは、高額な保守料を支払っていても、基本的なメンテナンス作業は自身で行う必要があります。
低価格帯のプリンタでは、その辺りの頻度はどうでしょう?
機種によってかなりバラツキがありそうですね。
見た目はゴッツイ機械ですが、以外と中身は繊細なので仕方ないですね。

欲を言えば
機器に対するエラーログなどは、遠隔操作でサポート側から監視できると良いですね。
もっと高額な機種ではそれが出来るかもしれませんが、中~低価格帯にも実装して欲しいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る