古いアナログカメラをハッキングしデジタル化

古いアナログカメラに3Dプリント部品組込みデジタルカメラへ改造!

frankencamera-9

イギリスで物理学を学ぶOliver Baker(18歳)が製作したこのアナログ改デジタルカメラ「FRANKENCAMERA」は、 1970年代に発売されたKonica Auto S3(38mm f1.8 レンズ/リーフシャッター/35mmフィルム)を解体し、同カメラをデジタル化するため、SonyのNEX-5から部品を取り出し、3Dプリントパーツに設置した回路と共にS3に組込んだ。

frankencamera-4frankencamera-5
3Dプリントされた筐体用パーツと実装された回路類

Baker少年は、ノギスを片手に実測し、SolidWorksを使ってCADファイルを設計。完成した内包用パーツ(NEX-5部品を組み込むパーツ)を、SLS方式ナイロンで3Dプリント。

frankencamera-2

プリント基板もカスタマイズし、SDカードスロット、センサー、モーター、歯車、バッテリーを内部に設置。NEX-5の電源ボタンはオリジナルのシャッター位置に設置。

frankencamera-6frankencamera-7

そしてこちらが実際に撮影された写真。なんとも言えない雰囲気の写真に仕上がっていますね。

frankencamera-8

また同氏は、ネット上からこのカメラの購入に関する問合せ先を公開しているfrankencamera@gmail.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る