バレンタイン企画 新型Mustangをチョコレート3Dプリンティング!

ford_mustang_chefjet2

Fordが展開した3Dプリント企画 食べれる新型Mustang

先日も数回に渡りお伝えしたCES2014でお披露目となった3DSystemsの最新3Dプリンター類。
このバレンタイン企画では、CES2014で話題となった製菓プリンター「ChefJet」を利用し、新型Mustangをチョコレート材などで3Dプリントしたようです。
下記リンク映像0:50、1:25当たりから製菓プリンターによる造形品が確認できます。他にも、ハイエンドSLA機器を利用し造形したMustangなども公開されています。

Fordと言えば
以前、エンジニア全員に3Dプリンターを配る!と言う話題がありましたね。正直本当に意味が有ったのか疑問ですが、こういった新しい物を積極的に取り込んでいこうとする姿勢は素晴らしいですね。
いつかモーターショーなどでも「食べれるフルスケール車」なんていう展示もあるかもしれませんねw
来場者が自由に食べれる車の展示なんてあったら楽しいですね、かなり話題となりそうです。

自動車業界では、以前から開発段階(例えば、組み付け検証や様々なテスト)において3Dプリント技術を活用するのが当たり前となっています。
最近では、全てのパーツを3Dプリントする自動車などの開発も進んでいます(これに関連する記事は後日公開予定)。自動車業界は3Dプリンタを始めとした最先端技術の牽引役を担ってきましたが、その役割は技術革新と共に今後益々拡大していくかもしれません。

ford_mustang_chefjetford_mustang_chefjet4ford_mustang_chefjet3

http://www.youtube.com/watch?v=TSAdjGGhfwo

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る