アーティストによる3Dプリント建築

SmithAllen_0

カリフォルニアを拠点に活動するアーティストSmith|Allen

アーティスト活動(Project387)の一環として、3Dプリンターによる建築物を造形

『Echoviren』と名付けられた造形物は、建材全てが3Dプリンタによって製作され
その材料には、植物素材から合成したバイオプラスチックを利用しているとのこと。
つまり、数十年後には自然に分解されてしまうのです。

SmithAllen_1SmithAllen_2

卓上型3Dプリンタを数台利用し、数か月掛けて600個弱のパーツを3Dプリント
部品の組み立ては、4日程度で終了し
完成時の大きさは3メートルx3メートルx2.4メートル

SmithAllen_4

作品は長い年月を掛け、動植物や昆虫などと共に共存し、何れは朽ち果て自然に帰っていくのでしょう。

 

今後こういった材料の本格的な供給が始まれば
国内でも同類の創作活動を展開するアーティストが出てくるかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る