Arduino 3Dプリントデジタルカメラ

Arduinoで電子工作する3Dプリントデジタルカメラ

arduinocamera_1

外装を3Dプリントして作る「Arduino」ベースの電子工作デジタルカメラ。こちらを完成させるために必要な電子工作用パーツは、どれも秋葉原やRSコンポーネンツ辺りで揃うような物ばかり。
必要な部品を揃え、公開されている3Dプリント用ファイル(造形用stlファイルも同梱済み)を利用し、誰でも簡単に自作デジカメを制作出来ると言う工作キット。

arduinocamera_2

とは言っても、ハンダ付け等の基本的な作業は必要となるので、ある程度の慣れは必要ですね。

arduinocamera_3

用意する物はこちら

  • 3D プリント用ファイル こちら
  • JPEG カラーカメラボード
  • SD シールド
  • Arduino Uno REV 3
  • SD カード
  • Round PCB Kit
  • PST Tactile Switch
  • その他、熱収縮チューブ、9V電池、電池スナップ等

公開されている3Dプリント用stlデータ
内装寸法さえキチンと合わせておけば、外装のデザインは自由に変更可能です。

arduinocamera_5

実際にプリント出力された造形物

arduinocamera_4 

そして、こちらが実際に撮影された画像

arduinocamera_6

決して解像度は高くありませんが、自分で作る工作品レベルとしては、なんとかく納得できる?内容かもしれませんね(苦笑

 

【Raspberry Pi バージョンのデジカメ】

arduinocamera_7

今回取り上げた電子工作デジカメは、Arduinoベースでしたが。
Raspberry Piを利用してもデジカメを制作することは可能です。
Raspberry PiとRaspberry Pi用カメラを用いたデジカメ制作については、下記ような書籍を参考に、比較的簡単に制作することが可能です。
興味のある方は、こちらの書籍など参考に制作されてみたはいかがでしょう?

Kindle版はこちら

id.artsでは現在、こちらのRaspberry Pi カメラを利用した数種類の制作を予定しています。
こちらの内容については、何れ公開を予定しております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る