Appleが3Dスキャンソフトウェア会社を買収

Appleは新しいユーザー認証システムのためイスラエルの3Dスキャンソフトウェア会社を買収

Apple社は、3Dフェイススキャン技術を開発するイスラエルのソフトウェア会社『RealFace』を約200万ドルで買収したと報じられている。

2014年に起業したRealFaceは、スマートフォンなどの低消費電力デバイスで利用することができる顔認証システムを開発するスタートアップ企業。

同社のシステムは、AIが顔の特徴を機械学習することで顔認識速度を高速化することができる3Dフェイススキャンシステムで、Appleが次期モデルに搭載するのでは?と噂される「顔認識」によるユーザー認証機能への実装を想像させる機能を有している。今回のRealFaceの買収が事実であれば、Appleは現在の指紋認証に代わる(または併用される)新しい認証システムとして、次期iPhoneにこの顔認証システムを実装する可能性が高まる。

今回の買収が実現すれば、2011年フラッシュメモリメーカー「Anobit」、2013年3Dセンサー企業「PrimeSense」、2015年カメラ技術企業「LinX」に次ぐ4番目のイスラエルハイテク企業の買収となる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る