スミソニアン博物館だけじゃない 3Dデータ公開中の博物館『African Fossils』

収蔵品の一部をWeb3Dで公開した「African Fossils」

AfricanFossils_1

先日、WebGLと3Dプリント用データの公開を行い話題となったスミソニアン博物館ですが、そんなスミソニアン博物館と同様、AutodeskのWeb3D技術を利用して収蔵品3Dデータの公開を開始した「African Fossils」 
公開されているデータは、Autodeskのソフトウェアと一眼レフカメラでフォトスキャンされた3Dデータ。
※先日紹介したスミソニアン関連の記事はこちら
アフリカ中心に出土した化石のオンラインアーカイブとして公開されているのは、現在40種類程度(動物、人類の祖先、古代の道具などの化石)ですが、スミソニアン博物館同様、今後データ拡充が行われるのでしょう。

AfricanFossils_4

「African Fossils」 でもWeb3Dによる閲覧だけでなく、3Dプリント可能なSTLデータ(3Dデータ)の公開も行っています。試しにダウンロードしたデータを、スミソニアン博物館のマンモスデータと並べてレンダリングしてみました。

AfricanFossils_2AfricanFossils_3

他のWeb3D同様、オンライン上でデータのシェアなどが可能です(下リンク参照)

ARVE Error: need id and provider

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

       

ページ上部へ戻る