3DSystemsはApple Watchに対応した3Dプリントバンドをリリース予定

Spring forwardで発表されたAppleの最新ウェアラブルApple Watchに対応した3Dプリントバンドが3D Systemsからリリース予定

2015年3月9日(日本時間3月10日未明)に開催したAppleの新製品発表イベント「Spring forward」で発表されたApple初のウェアラブル端末「Apple Watch」。早速、このApple Watch対応した3Dプリントバンドが3D Systemsからリリースされるようです。
3D Systemsはこれまでに、Cubify.comにて3Dプリントウォッチ「Nooka」などを展開してきましたが、今回のApple Watch対応製品もこの流れを組んだデザインに仕上がっているようです。
同バンドは、粉末ナイロン(SLS方式)で3Dプリントされ、Cubifyから40~99ドル程度での販売を予定しているそうです。
id.artsでも同様の企画品を考えていますが、Apple Watchに対応したカスタムバンドは、これからどんどんリリースされるでしょうね。

apple-watch-3dsystems-3apple-watch-3dsystems-2apple-watch-3dsystems-4
apple-watch-3dsystems-1

Apple Watchについて

applewatch-1

Apple Watchは、従来のApple製品と異なり、様々なバリエーションの製品が取り揃えられています。主な製品は「Apple Watch Sport」、「Apple Watch」、そして高額ラインの「Apple Watch Edition」という3つのコレクションで展開される。さらに、それぞれのコレクションには38mmと42mmの2サイズが用意され、異なるケース仕上げに、様々なデザインや材質のバンドなどが用意され、選択肢が豊富だ。
尚、予約受け付け開始が4月10日で、出荷開始は4月24日からとなっています。

Apple Watch Sport

Apple Watch Sportは、酸化皮膜処理されたアルミニウムケースによる「スペースグレー」「シルバー」の2種類から選択が可能。スポーツモデルには、柔らかい素材のプラスティックバンドが付属されており、5色から選択可能。当然、今回紹介した3Dプリントバンドも装着が可能。
Apple Watch Sportの価格:38mmモデルが42,800円、42mmモデルが48,000円

Apple Watch

Apple Watchは、SportsとEditionの中間価格帯コレクション。鏡面仕上とマット仕上げのステンレスケースにはサファイアクリスタルガラスが適用され、Sportsモデルに比べてより傷つきにくい風防となっています。バンドについては、Sportsと同様のプラスティックの他、各種バックルを備えたレザータイプ、ステンレスリンク、ミラネーゼリンクなどが用意される。
Apple Watchの価格:38mmモデルが66,800円から(バンドにより異なる)、42mmモデルが71,800円から(バンドにより異なる)

Apple Watch Edition

Watch Editionは、イエローゴールドまたはローズゴールドの18金ケースにサファイアクリスタルガラスを備えた高額モデル。 Watch Editionには18K製を含め、ケースにマッチした専用バンドが複数用意される。
Apple Watch Editionの価格は128万円から

applewatch-2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る