3Dプリントルアーで爆釣!?

日本発?3Dプリンターで造形した手造りルアー

3dprint-lure-1

3Dプリンターを使って積層造形したオリジナルルアーを製作販売するSnatchさん
プリント造形したルアーを手作業で仕上げ加工し、オンライン(一部店舗)で販売されているそうです。趣味用途でルアーを3Dプリントされている方はいると思いますが、本格的に販売されている方はなかなか見かけませんね。

積層造形品なのでリップなどの強度は十分ではないようですが、ディープを責めるようなタイプのルアーではないため、ポイントを選べば問題なさそうですね。

公開されている映像では、見事40upをゲットされています!

 

以下、Snatchさんのブログより引用

全長125mmながら15.3gと軽量でサスペンドタイプなのでリトリーブレンジを自在に変えることが可能です。ショートキャストでロッドを立てれば表層を、ロングキャストでロッドを下げれば2m以上潜らせることができます。
サスペンドタイプでスナップを付けた時に水平で停止することを目標として製作していますが個体差や水温により、完璧な水平サスペンドにならない場合があります。
使用するラインは10lb~16lb程度がオススメです。
全長:125mm
重量:15.3g
タイプ:サスペンド
コーティング:セルロースセメント(2層)

<欠点>
空気抵抗が大きいルアーのため向かい風に向かってのキャストには不向きです。
3Dプリンターで製作したルアーは市販品のルアーよりモロいです。
取り扱いには十分注意して下さい。橋脚や護岸にぶつけるとリップ等が割れます。
またストラクチャーに激しくコンタクトさせるのはオススメしません。

<価格>
1個:1,500円(送料込み)

造形品を売るだけでなく、データも販売した方がビジネス的には良さそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る