タイポグラフィの立体化

デザインされたオリジナルタイプを元に、3Dアーティストが立体化。

3dtypeanime

タイポグラファーBen Johnstonと3DデザイナーMark Simmonsによるタイプ作品
立体化されたタイプデータは、3Dプリント造形用に3Dモデル化されています。
公開された写真を見ると、オリジナルのタイプデザインを元にとても丁寧なモデリングが行われているのが分かります。
詳細情報が無いため詳しくは分かりませんが、恐らくFDM方式による造形作品。肉厚や隙間の感覚など、細部までとても丁寧にモデリング&造形されていますね。

2D作品を3Dプリント用に立体化する際、プリンタの特性に合わせたモデリングは必須です。
フリー公開されているデータを3Dプリント造形し、思うように出力されない!
という経験をされた方も多いと思いますが、多くのフリーデータは当然この辺りへの考慮が無いため、上手く出力されないことも多々あると思います。
デザインその物の質、モデリングテクニック、造形、トータルでバランスよく組み合わさった時こそ良い作品が生まれます。

近々弊社より公開予定のデータサイトでは、造形時のバランスを考慮したデータを順次公開して参ります。

3DType-5
3DType-23DType-3

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る