世界初の3Dプリントウエディングドレス

世界初?3Dプリント技術を駆使して作られたウエディングドレスやブライダル関連グッズ

3dprint_wedding-5

中国上海を拠点に活動する3Dプリントデザイン専門企業Xuberanceは、3月12日~14日の期間、上海コンベンション&エキシビションセンターで開催されたTCTアジアにおいて、3Dプリント技術を駆使して製作されたウエディングドレスコレクションを発表した。
来場者などから大きな注目を集めたこのウエディングドレスは、SLS方式のナイロン(ポリアミド)で3Dプリントされており、写真のデザインのドレスは3190ドル(USD)と、ウエディングドレスとしては比較的無理の無い金額に納まっています。

3dprint_wedding-63dprint_wedding-8

3Dプリントデザインを専門とするXuberanceは、ドレスのデザインに留まらず、ウエディングケーキトップのオブジェからブーケホルダー、ブートニア、リスレット、チョーカーにベールまで、様々な装飾パーツを3Dプリンティング技術を駆使したデザインで仕上げています。
ここまで本格にブライダルグッズへ3Dプリント技術を応用した例は見かけませんが、この作品は日本国内のブライダルショーで展示しても話題となりそうですね。

3dprint_wedding-103dprint_wedding-11
ケーキトップには3Dプリントされたオブジェが

日本での事例はほぼ無いと思いますが「こんなドレス欲しい」と言う方がいらっしゃれば、製作対応いたしますので気軽にご相談ください。

今後活性化が期待される3Dプリントとファッション

昨年「Electroloom」と言う、液体から不織布を生成し、衣類を作製できるプリント技術の研究についてお伝えしましたが。恐らく、今後3Dプリント技術のファッションへの活用幅は益々盛んになるはずです。現在は、旧来からの技術である粉末系の造形手法が主体ですが、Electroloomのような特殊な材料やプリント技術の研究開発が進めば、もっと柔らかくて丈夫で自由度の高いプリントドレスなどが製作できる日が来るかもしれません。非常に楽しみな世界ですね!


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る