従来の100~1000倍高速な金属3Dプリンタ「SPEE3D」

従来の金属3Dプリント技術の100~1000倍高速に金属部品を生成する3Dプリンタ『LightSPEE3D』

オーストラリアの3DプリンタベンチャーSPEE3Dは「Supersonic 3D Deposition(以下 SP3D)」と呼ばれる超音速3D蒸着技術を使用した工業グレードのメタル3Dプリンタ『LightSPEE3D』3Dプリンタを発表した。

特許取得済みの超音速3D蒸着(SP3D)技術を採用したLightSPEE3D  3Dプリンタは、ノズル先端から微細材料を超音速で噴射し、ロボットアームに取り付けられたビルドエリアに材料を堆積。
この技術により、従来のメタル3Dプリント技術の100~1000倍高速で金属部品を生成することができる。

ロボットシステムを使用して造形台をコントロールするLightSPEE3D 3Dプリンタは、生成されるプリント部品から一定条件内でサポート構造の必要性を排除する。

SP3D技術は、金属部品の生成を分単位で実行するため、プロトタイプ1個から10,000個単位の量産金属部品まで、簡単に3Dプリントすることが可能となる。

LightSPEE3D 3Dプリンタに関する詳細は未だ公開されていないが、同社は現在ドイツ・フランクフルトで開催中のformnext 2017でこの3Dプリンタを展示している。

LightSPEE3Dの主な特徴

  • 高速&低コスト
    従来の金属3Dプリントで$3,000/造形時間100時間を要していた自動車部品を、わずか$30/造形時間20分で生成する。
  • 銅とアルミニウム材料に対応
  • サポートなしで45度のオーバーハングをプリント可能
  • STLフォーマットに対応

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る