回路基盤3Dプリンタ The EX¹

簡単に回路基板が印刷できる低価格3Dプリンター

The EX¹

The-EX1

Kickstarterでスタートアップした「The EX¹  rapid 3D printing of circuit boards」は、インクジェットプリンターのように簡単に基盤印刷ができてしまう優れもの。プラスチック、ガラス、木材、セラミック、シリコン、アクリル、さらには布や紙など様々な素材の表面に印刷(銀ナノ粒子を印刷)することが可能。
インク材料は硝酸銀とアスコルビン酸でカートリッジ化してるっぽいです(未確認ですが恐らく)。
あまりの人気に一日で目標額(30,000ドル)を達成し、数週間の猶予を残した11月12日現在で57,000ドルを超えています!
1199ドルから購入できるプランは完売しており、現在は1499ドルの入手プランから購入可能です。

The-EX2

合成繊維にプリントされたLED点滅回路

The-EX8

紙にプリントされた実装回路

The-EX5
The-EX4

プリントソフト

The-EX6

 

様々な素材へプリント可能な上、1500ドルで購入が可能となれば、趣味用途としては最高の製品になりそうです。
印刷エリアは17.5cm × 8cmですが、工夫次第でいくらでも応用が利きそうですね。
先日閉幕したMaker Faire TOKYOでも数多くの電子工作機器の出展がありましたが、来年のMaker Faireではこのプリンターを活用した回路基板が多数出品されているかもしれませんね。

インクカートリッジの価格など詳細は未定のようですが、日本国内で安定した供給が受けられるか多少心配な面があります。またゲッコーさん辺りが代理店をされるのでしょうか?
出来れば、この手のプリンターは日本から登場して欲しかったですね。

関連記事 http://www.3ders.org/articles/20131111-the-ex1-rapid-3d-circuit-board-printer-launches-on-kickstarter.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る