Sculptifyのペレットタイプ3Dプリンターがスタートアップ

Sculptifyのペレット材料3DプリンターDavidがKickstarterでスタートアップ

scultp-kickstarter-3

数回に渡りお伝えしてきたペレット材料ベースの3DプリンターSculptifyDavid」が、いよいよキックスターターでスタートアップ(目標額は10万ドル)しました。
ラインアップモデルの内、アーリーバードは2,745ドルから

同製品については過去の記事でもお伝えした通り、従来のフィラメント材料と異なり、ペレット材料を直接3Dプリンター本体に投入し、溶解積層することができる新しい手法を採用しています。
EVA、ウッドライク、TPU、PLA、ナイロン、HIPSなど複数のプレット材料が用意されており、用途に応じて使い分けが可能になっています。
材料価格は18ドル/1kg~

David基本仕様

造形サイズ:W200mm×D220mm×H185mm
レイヤー解像度:100ミクロン(PLA)
プリント速度:10-150mm/S
位置決め精度:XY軸/8ミクロン以上、Z軸/3ミクロン以上
オート
レベリング
エクストルーダー最大温度:330°C
ノズル径:0.3mm、0.4mm、0.5mm
筐体:アルミ、ポリカーボネート
本体重量:29kg
本体サイズ:W538mm×D502mm×H620mm
接続:USB

scultp-kickstarter-1scultp-kickstarter-2

本製品リリース後の一般販売時の希望小売価格は3,195ドルを予定。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る