Adobe Photoshop CCが3Dプリント機能を搭載

photoshopcc_3dprint-1

2014年1月16日 Adobe Photoshop CCに新しく搭載された3Dプリント機能を発表

以下、公式サイト掲載コメントより抜粋
本日、Adobe Photoshop CCに新しく搭載された3Dプリント機能を発表しました。これにより3Dプリント作業が劇的に簡素化され、Photoshop CCは、3Dモデルをプリントしたいすべての人にとって信頼できるツールとなります。Photoshop CCに搭載された3Dプリント機能は、Adobe Creative Cloudのメジャーアップデートの一部として本日から提供が開始されます。これにより、Creative Cloudのメンバーは3Dデザインの開発、改良、プレビュー、作成、プリントを容易かつ確実に行えるようになり、3Dプリント市場の更なる成長への環境が整うことになります。
本日リリースのPhotoshop CCによって、ローカルに接続された3Dプリンタでデザインをプリントできるだけでなく、人気のあるオンラインの3Dプリントサービスを利用してプリントすることも可能になります。Photoshop CCは、MakerBot Replicatorなど人気の高いデスクトップ3Dプリンタをサポートしており、また3Dプリントコミュニティ/マーケットプレイスの「Shapeways」で入手可能なセラミック系や金属系の材料、フルカラーのサンドストーンなど幅広い高品質な材料にも対応しています。さらに、Photoshopユーザーは、3Dパブリッシングサービス「Sketchfab」に3Dモデルを直接アップロードし、Sketchfabのインタラクティブな3Dビューワーを使ってBehanceプロファイルに埋め込めるようになりました。

日本語の原文はこちら

動画でも確認できる通り、PhotoShop画面3DプリントセッティングのプロパティからShapewaysが選択可能になっており、PhotoShop画面上からマテリアル(プリンタ)の選択まで可能なようです。
また、MakerBot Replicatorに対しては既にネイティブ対応されており、今後他プリンタへのサポートを拡充していくようです。

photoshopcc_3dprint-4
photoshopcc_3dprint-6

PhotoShop自体の機能拡張はもちろんですが、Adobeがこの分野へ力を入れていくことで、業界全体に大きな影響を及ぼす事になるのでしょう。
プリンタメーカー各社も、PhotoShopと親和性の高いドライバの開発などに力を注いでいくことになるかもしれません。とにかく、プリンタの精度以前にドライバ関連の精度に問題のあるツールも多いため、少しでも良い方向に開発環境がシフトしていくと良いですね。
また、カメラやスキャナー系デバイスと関連ソフトの機能拡張が進めば、PhotoShop上から3Dデータの生成なども容易になり、3Dデータのブラッシュアップやペインティング機能などがより簡易的て高精度な物になっていくかもしれません。
課題も多いとは思いますが、今後の展開が益々楽しみになってきました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る