国産最新3Dプリンタ「Ninjabot」株式会社三豊工業

2014年3月下旬より発売の国産FDM式3Dプリンター『ニンジャボット』シリーズ

ninjabot_1

ニンジャボットは株式会社アイツーアイ技研が設計し、株式会社三豊工業が製造・販売する100%国産の3Dプリンター。公式サイトはこちら
現在普及し始めているデスクトップ型3Dプリンターの多くはアメリカ製で、精度やクオリティに問題があったり、パーツやサプライの供給に時間がかかったりするケースが少なくないとされています。「ニンジャボット」は国内のアセンブリにこだわり、ハイクオリティな仕上がりを実現しています。また、パーツやサプライの供給も国内で対応しており、迅速な対応が可能です。

 

ニンジャボット主な特徴

  1. 堅牢なフレーム構造と精度を優先した設計により、長時間連続稼働が可能。
  2. カバーをつけないオープンタイプを採用。オペレーションやメンテナンスが簡単。
  3. 200×200X200mmのクラス最大級のワークエリア。
  4. エクストルーダー直結型モーターで安定したフィラメント送付を実現。
  5. ダブルエクストルーダータイプでは二色プリントにも対応。
  6. クリアボディーのエクストルーダーでフィラメントの目視が可能。
  7. PLA専用のヒートベットのないタイプと多種類の素材が使えるヒートベット装備の2つのタイプをご用意。

ninjabot_2

 

ニンジャボット基本スペック

本体サイズ:幅450☓奥行き450☓高さ480mm
重量:11kg
最小積層ピッチ:0.1mm
対応フィラメント:PLA、ABS、PVA
インターフェイス:USB2.0
OS:Windows XP、Vista、Windows7、Windows8
価格:ヒートベットの有無に応じて3モデル有り、20万円台半~20万円台後半

三豊工業は昭和60年設立のスタンプ・コンクリート、ストリート・プリントを中心とした景観建材の販売と施工の会社。社長が新規事業を模索する中、アメリカで先行している3Dプリンターに出会い、日本での販売を目指し本年事業化しました。三豊工業では3Dプリンター事業を戦略事業と位置づけ、今後も各種の3Dプリンターの製品開発を始め、3Dプリンターの教育事業等の周辺事業を展開して行く予定です。

 

ニンジャボットお問い合わせ先

株式会社三豊工業
電話:054-257-1377 (担当:佐藤)
メール:info@sanpou.biz
ニンジャボットホームページ http://ninjabot.jp/
お問合せの際「3DP id.artsのサイト」を見たとお伝えください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る