女性器3Dデータ公開した「ろくでなし子さん」一部無罪も罰金

女性器3Dデータを配布し逮捕された「ろくでなし子」さん一部無罪も罰金40万円の判決

megumi-igarashi
イメージソース:ろくでなし子さん公式アカウントより

自らの女性器をスキャンし、3Dプリント用データとして配布し逮捕された、アーティスト(漫画家)の五十嵐恵さん(ろくでなし子)さんに対する裁判の判決が、2016年5月9日東京地裁(田辺三保子裁判長)であり、罰金40万円(求刑罰金80万円)の判決を言い渡した。

裁判では、女性器を型取った立体作品を店内に並べた「わいせつ物陳列罪」については無罪とする一方、女性器の3Dデータを配布したとする「わいせつ電磁的記録等送信頒布」など一部の罪については有罪とした。

今回の判決では、公開された作品や女性器の3Dデータが「わいせつ物」にあたるかを検討。
立体作品については「直接女性器を連想させるものではない。芸術作品として性的刺激が緩和されている」としてわいせつ物にはあたらないと結論づけたが、配布された3Dデータについては「女性器をリアルに再現している」として、わいせつ物にあたると認定。今回の判決に至った


色々と腑に落ちない部分もありますが、一部無罪となって良かったですね。
一連の問題についてもっと詳しく知りたい方は、彼女の著書をご覧になってみてはいかがでしょうか?


ろくでなし子さん関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る