iPad用モバイルスキャナiSense国内価格は7万円

イグアスがiPad専用モバイルスキャナーiSenseの販売を開始

isense_iguazu-3

同製品については、Kickstarterでスタートアップした(当時の製品名は「Structure Sensor」)の頃から情報をお伝えしてきていますが(過去記事まとめはこちら)ですが。ディストリビューター大手の株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市)さんが国内販売を開始されてました。

イグアス販売価格は¥70,000(税抜き)/1年保証付

既にご存じの方も多い米国3D Systems社製パーソナル3Dスキャナー「Sense™」は、iPadに装着して気軽に使えるモバイルスキャナ。イメージとしては、コードレスの小さなKinectといった感じでしょうか。今年に入って販売されたパーソナル3Dスキャナー「Sense™」に次ぐ、同社の低価格帯スキャナー。
当然、精度は値段相応ですが、iPad画面によるリアルタイムビューイングとコードレスという軽快感は、他のスキャナーには無いメリットですね。今後、ソフト類が改良されていけば、スキャン精度なども改善されていくかもしれません。

ちなみにですが、本国へ直接注文した場合は、本体55,900円+送料(2千円前後)で購入可能です。
個人的な見解ですが、3~4万円のiPadに7万円のスキャナを装着して利用するのか?かなり微妙ですw 近々このレベルのスキャナはスマホにも標準搭載されるようになると思うので、どこまで広がるのか気になりますね。

isense_iguazu-2

本体サイズ:119.2mm×27.9mm×29mm
重量:99.2g
視野角 :水平/45° 垂直/58°
作業範囲:0.4m - 3.5m
x/y分解能 @0.5m:0.9mm
Z分解能 @0.5m:1mm
スキャンエリア:Min:0.2m×0.2m×0.2m / Max:3m×3m×3m
フレームレート:30fps
出力フォーマット:STL、OBJ、PLY
最大電力消費量:電池連続使用時間 3~4時間、電池連続スタンバイ時間 1,000時間以上
対象機種:iPad with Retina display (4th generation)、iPad Air、iPad mini with Retina display
OS:iOS 7 以上

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る