IDC国内3Dプリンティング市場予測を発表

IDCは2015年~2016年の国内3Dプリンティング市場の実績と2017年~2021年の予測を発表

IT専門調査会社IDC Japanは、国内3Dプリンティング市場の2015年~2016年の実績と2017年~2021年の予測発表。

調査によると、2016年の国内3Dプリンティング市場の総売上額は328億円で、前年比1.5%増となっており、IDCは、同市場の2016年~2021年の年間平均成長率を11.7%、2021年の市場規模を571億円と予測している。

国内3Dプリンティング市場は、3Dプリンター本体市場、3Dプリンティングサービス市場、造形材料市場で構成されており、2016年の3Dプリンター本体の売上額は118億円(前年比成長率マイナス19.0%)、3Dプリンティングサービスの売上額は100億円(同プラス7.3%)、造形材料の売上額は110億円(同プラス30.6%)。3Dプリンター本体売上は、2015年に続きマイナス成長となったが、3Dプリンティングサービスと造形材料の売上が増加したことから、市場全体としては僅かに成長した。


国内3Dプリンター本体市場セグメント別出荷台数実績および予測:2015年~2021年

2016年の3Dプリンター本体市場では、デスクトップ3Dプリンター本体の国内出荷台数が5,900台(前年比成長率マイナス10.5%)、売上額は8.5億円(同マイナス20.8%)。プロフェッショナル3Dプリンター本体の出荷台数が1,300台(同マイナス1.4%)、売上額が109.8億円(同マイナス18.9%)となった。


国内3Dプリンティング市場 売上額実績および予測:2015年~2021年

ブームが去った今後は、用途や目的が明確なユーザーの購入が進むと考えられ、デスクトップ3Dプリンターは減少するものの、プロフェッショナル3Dプリンターは堅調に増加していく分析し、2021年の国内3Dプリンター本体市場の出荷台数6,000台(年間平均成長率マイナス3.9%)、売上額161億円(同プラス6.4%)と予測。

IDCでは、3Dプリンティングサービス市場と造形材料市場は今後も成長を維持するとみており、3Dプリンティングサービス市場の2016年~2021年のCAGRをプラス7.5%、造形材料市場の年間平均成長率をプラス19.2%、2021年の売上額はそれぞれ144億円、266億円と予測。多くのベンダーで新たな造形技術や材料の開発が継続して行われており、これまで3Dプリンティングが利用されていなかった分野での活用が期待されている。

詳細レポートはこちら


関連記事

航空宇宙・医療業界における3Dプリンタの課題

IDC国内3Dプリンティング市場予測を発表

IDCは米国3Dプリンタ市場の成長を予測

3Dプリンタ市場は2019年までに267億ドル規模へ拡大

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る