HONDAの歴代コンセプトカーを3Dプリント

HONDAが公開 3Dプリント用コンセプトカーデータ

ホンダによる歴代コンセプトカー3D データサイト「Honda 3D Design Archives」
公開された車種は「FSR Concept」「FUYA-JO」「KIWAMI」「PUYO」「NSX Concept」の5車種。各モデルの3Dデータ(stl形式)を利用し3D プリンタ出力が可能。 

HONDA公式サイトより引用

Hondaは、これまでに発表したコンセプトカーの外観デザインの3Dデータを、「クリエイティブ・コモンズ 4.0」という新しい著作権基準に基づき、特設Webサイト「Honda 3D Design Archives」で、1月28日に公開しました。この特設Webサイトからデータをダウンロードし、普及が進んでいる家庭用3Dプリンターを用いて簡単に、Honda Designの結晶とも言える歴代のコンセプトモデルをレプリケーションすることができ、Hondaの「ものづくり」を疑似体験できます。
家庭用3Dプリンターの低価格化や技術革新などにより、社会における「ものづくり」の在り方は根本的に変化しつつあります。こうした背景のなか、Hondaは、従来の「メーカー」と「ユーザー」という枠組みを超えた新しいコミュニケーションの在り方を目指し、このプロジェクトを企画しました。このプロジェクトに触発されて、ユーザーのなかから、優れた未来の自動車デザイナーやエンジニアが生まれてくることを願っています。

ダウンロードはこちらから

データはCCライセンスで配布されており、営利目的で無い限り自由に使用することが可能です。
以前、ポルシェが公開したケイマン3Dデータについてお伝えしましたが、このような取り組みは是非他社でも積極的に展開して欲しいですね!

今回公開されたコンセプトカーには、最新のNSXなども含まれています。

nsx3

Web上からデータの3Dビューイングが可能です。

nsx5

早速3Dプリントして遊んでみようと思いましたが、その前に3Dデータ内容をチェック。
配布されたデータには、ハイレゾモデルと、メッシュが1/10程度まで軽減されたLOWデータが一緒に公開されています。キチンとした3Dデータなので、3Dプリント以外にも色々と遊べそうです。
今回のデータ制作には、ケイズデザインラボさんが全面的に協力されているそうです。HONDA側から提供されたCADデータを3Dプリント用にブラッシュアップするのはかなり大変だったと思いますが、流石ですね!

nsx6

試しにUnityに読み込んでみました。
幾つか企画モノを考えてみたので、叱られない範囲でデータを使って遊んでみようと思いますw

nsx_unity

コンセプト動画はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る