Autodeskが3Dプリントプラットフォームの提供を開始する!

Autodeskがオープン3Dプリンティングプラットフォーム「Spark」とSLA方式3Dプリンターを発表

autodesk

AutodeskからBigなニュースが飛び込んできましたね!
今回発表された「Spark」は、ハードウェアメーカーやソフトウェア開発者などのために提供される3Dプリンティングオープンプラットフォーム(無料の3Dプリンタ用のオペレーティングシステム)。
3Dプリント版 Android OS といったところでしょうか?

id.artsでもメインツールの一つとして3ds MaxなどのAutodesk製品を長年利用していますが、今回のAutodeskの発表は、ある意味自然な流れ?と言うか待ち望んでいた形かもしれません。
旧来の工業系プラットフォームとコンシューマー機器との間には大きな差異があり、近いようで遠い存在でありますが、3DCG業界で大きなシェアを誇るAutodeskがオープンプラットフォームを提供することで、コンシューマー寄りでも工業寄りでも無い、新しい形の「良いとこ取り」的な業界標準を構築していけるのでは?と、勝手な期待をよせています。
ハードや材料面での機能向上だけではなく、3Dプリンティング技術をベースとした新しい設計製造プロセスや、研究開発分野への応用や発展を図る手段として、オープンプラットフォームの提供を行うのではないでしょうか?

Autodeskは同時に、SparkをベースとしたオープンタイプのSLA方式3Dプリンタを製造することも発表しました。3Dプリンター単体の仕様については不明ですが、2014年中のリリースを予定しており、価格5,000ドル前後での販売を予定しているようです。
このプリンター自体もSparkベースでの活用になると思われため、ある意味この3Dプリンターは初期の研究開発キット的な役割も果たすのかな?とも考えられますね。

autodesk_3dprinter-1

Autodeskが莫大な資金を投じてSparkの標準化を推し進めれば、他社もSparkへのネイティブ対応を標準化するようになり、より高性能で低価格な3Dプリンターやソフト類が産まれるキッカケになるかもしれません。
スマホ単体で3Dスキャン~リアルタイムプレビューレンダリング~ダイレクト3Dプリント!なんていうことが、従来のシステムよりもっと高精度で安価で簡易的な仕組みとして構築することが可能になるかもしれませんね。

長年のAtudeskユーザーであり、3Dプリントユーザーとしては、Autodesk社に3Dプリンティング界のGoogleを目指して欲しいところです(笑
何れも筆者の勝手な想像なので、「的外れなこと言ってるよ」と言う方がいらっしゃれば、是非突っ込んでください ^^;

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る