Adobe x DMM から始まる3Dモデリング&プリンティング

DMM.makeが公開した「動画でマスターする、3Dデータのつくり方」

dmm-adobe

AdobeさんとDMMさんが、3Dプリンティング関連事業で協業されたようですね。凄いなぁ
Shapewaysも様々なコンテンツ展開をしていますが、国内の3Dプリンティングサービス分野ではDMMさんが抜きんでていますね。この協業に関する詳細は、今後様々なメディアから公開されると思うので、楽しみにしたいと思います。

そんなDMM.makeさんが、3Dデータ作りのためのコンテンツ配信を開始されました

動画でマスターする、3Dデータのつくり方

各コース共に、初歩的な操作方法から、DMM3Dプリントによる出力まで、動画で丁寧に解説されています。123Dなどの基本操作を習得するにはとても良い素材ですね。

公開されているのは下記コース(2014年6月26日現在)

  • Photoshopで3Dをつくる! 2D→3Dコース
  • 格好いいアイテムをつくりたい! Autodesk 123DとRhinoceros 3D CADコース

今後、Shade3DによるモデリングコースやnetFaab Basicに関するコースも公開されるようです。

 

以下、DMMさんからの引用です

今回、DMM.makeでPhotoshop CC専用の3Dプリントプロファイルを作成し、Photoshop CCから直接DMM.makeで利用可能な素材や色を選択し、3Dプリントデータをプリント前にプレビューすることができます!

下記のページでPhotoshop CCを使用した3Dデータのつくり方等を記載した特設コンテンツをご覧いただけます。

http://www.dmm.com/dmm-make/howtomake/2d3d/adobephotoshopcc/index_html/=/navi=none/

また、今回の3Dプリントプロファイル開発・提供開始を記念して、DMM.makeとアドビ社の共催で「Adobe × DMM.make共催3Dデザイン&プリントコンテスト」を開催します。

8月末までに3Dデータを制作・投稿いただいた方から抽選で、Adobe Creative Cloud 個人版を1年分(4名)、DMMマネーカード(5,000円分)を20名、さらに投稿いただいた3Dデータを無料でDMM.makeにて3Dプリントし、抽選で20名に無償提供します!

「Adobe × DMM.make 共催 3Dデザイン&プリントコンテスト」についての詳細は以下のURLでご確認ください。

http://www.adobe.com/go/3d-contest/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る