3DプリントFPVクワッドコプターがKickstarterでスタートアップ

全てのパーツを3Dプリンターで造形するFPVクワッドコプターがKickstarterで資金調達中!

fpv_3dprint-1

最近国内でも人気が高まってきたクワッドコプター(マルチコプター)。現在は、空撮目的などで利用される方が多いと思いますが、今回Kickstarterでスタートアップしたこのプロジェクトは、レース用3DプリントFPV(First Person View)クワッドコプターを開発するための資金。

FPVコプターは、本体内部に搭載したCCD / CMOSカメラとビデオ送信機の映像を、操縦者が装着するHMDやモニター等で一人称視点でビューイングしながら操作するレース用クワッドコプター。
海外では、愛好家によるレースなども盛んなため、今回このようなレース用機種開発のプロジェクトも立ち上がったのかもしれません。

FPVレーサーの実際のレース映像は、まるでスターウォーズの世界!

今回スタートアップしたFPVレーサーは、全てのパーツを3Dプリント造形することで、低価格化とメンテナンス性の高さに重点を置いたモノ。モデリングはAutodesk Inventorをベースとし、Flashforge Creatorによって3Dプリントされる。

fpv_3dprint-2

アーリーバードは、40ドル(AUD)からですが、これには3Dプリントされた筐体しか含まれていませんのでご注意を!
全ての機器を備えた組み立て完成品は1,000ドル。

プロジェクト詳細はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る