3Dプリントを活用したプロジェクションマッピング

3Dプリンティング技術を利用した3Dプロジェクションマッピングプロジェクト「Intimacy」

3d-print-Projection-Mapping-3

アーティストのJenil Buria、Ana Mickovic、Mike Algerの3人は、3Dスキャンと3Dプリント技術を利用したプロジェクションマッピングプロジェクトを構築。

ソファでくつろぐ夫婦の様子を3Dプリントするため、3人は3DSystemsのSence 3Dスキャナーを利用し、3Dスキャニングを実行。ソファに横たわる夫婦のモデルのデータをキャプチャした。3Dスキャニングされ、デジタル化されたモデルには幾つかの致命的な欠陥が有り、度々造形エラーを引き起こしていたようですが、数日後に問題を解決し、なんとか無事に3Dプリント造形に至ったそうです。

3d-print-Projection-Mapping-5

スキャンモデルが無事造形された後、彼らはマットホワイトのプロジェクションマップ用ステージボックスを構築。ボックス内に設置された夫婦のモデルとその周辺には、彼らが作った映像が投影され、アーティスト達が夫婦2人の親密な瞬間に関与しているような感覚を表現。

3d-print-Projection-Mapping-2

Projection Mapping Diorama

こういったタイプのプロジェクションマッピングと言えば、Davy and Kristin McGuireによるペーパークラフトプロジェクションマッピングが有名ですが、3Dプリンティング技術は、やはり3Dプロジェクションマッピングとの親和性が高いですね。我々も以前から同類のプロジェクトを展開していますが、なかなかお披露目する機会が無いので、折をみて公開していこうと思っています。

3d-print-Projection-Mapping-4

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る