3Dプリント透かしキーホルダー

ShapewaysのAPIを利用した3Dプリント透かしキーホルダー

ShapewaysAPIを利用した3Dプリント透かしキーホルダーを製作する「print3Dforme」は、サイトからアップされた写真を元にデータを立体化。
注文されたデータは、提携するShapewayへ送られた後に3Dプリント造形され、完成品をユーザーに届けるサービスです。

仕組みはとてもシンプル

  • サイトにアクセスし、造形したい写真データをアップロード。
  • アップした写真から造形する部位を選択してトリミング。
  • 写真データを元にデータを立体化し、Shapewaysで3Dプリント造形。このレベルの簡易工程のみで、透かし造形物を生成することが可能です。
  • 同サービスの利用代金は32ドル

技術的には従来からあるような仕組みで、特に目新しさはありませんが
こういったサービスを、APIを利用してキチンとしたビジネスモデルとして完成させてしまう点は、見習わなければなりませんね。

3D Printed Lithophane-1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る