世界最大の人型3Dプリント作品でギネス認定

YoutuberのJames Brutonは最も背の高い人型3Dプリントオブジェでギネス記録を更新

英国のMakerでYoutuberとしても有名なJames Brutonは、自身をスキャンし生成されたデータから、世界最大の自律式人型3Dプリンタオブジェ刻を制作し、ギネス世界新記録を更新した。

3Dプリント技術を利用し様々な作品を手掛けるJamesは、ギネス新記録への挑戦として、3Dプリンタで造られた人型オブジェを制作。これまでの記録3.06メートルを上回る3.62メートルの作品として、ギネスに公式認定された。

Jamesは、新記録を更新するため、ポーツマス大学(Creative and Cultural Industries/CCI)の協力の元、iPadベースの簡易3Dスキャナ「iSence」を利用し、自身の全身を3Dスキャン。
スキャンされたデータは、ZBurshによってメッシュが整えられた後、Autodesk Fusion 360を利用して3Dプリント用に分割された。

Jamesは、3Dプリントサービスやフィラメントを販売する「3DFilaPrint」の協力を得て、2台のLulzbot FDM 3D Printerを同時利用し、約500時間掛けて50kgのフィラメントから作品をプリント。

ギネス認定員立会いの元計測されたオブジェは、世界で最も大きな自律式人型3Dプリントオブジェとして認定された。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る