台湾初のパーソナル3Dプリンタ

XH1

台湾初?家庭用3Dプリンターのプリオーダーが、2013年9月より開始されたそうです。

先日、怪しげな中国製3Dプリンタに関する紹介記事をアップしましたが
今回ご紹介するのは、台湾製パーソナル3Dプリンター『da Vinci』(FDM方式)
イメージ画像がなんとも怪しい雰囲気を出していますw

詳細はまだ掴みきれていませんが、概略仕様は以下のようです。

価格:15,000元(5万円弱?)
造形可能サイズ:200x200x200mm
材料:ABS樹脂(カートリッジ供給式)/複数色有り
メーカー関連情報

XH2

材料色はかなり豊富ですね。
専用カートリッジ?による供給のようです。
XH3

造形見本を複数公開されています。
XH4XH5XH6

【パーソナルプリンターの課題】

このところ、国産3Dプリンター「SCOOVO」に関する不具合なども多数報告されていますが
国内外の物を含め、パーソナル3Dプリンタはまだまだ未成熟な分野です。
不具合となる事例が発生するのは、ある程度は止むを得ない部分とも言えます。
オープンソースベースで開発された多くの3Dプリンターは、情報や技術をシェアし、ユーザーと共に成長する製品とも言えます。そこも含めて楽しむことができるユーザーのみが、真にパーソナルプリンターの使い手となるかもしれません。

SCOOVOに関するNAVERまとめ

http://matome.naver.jp/odai/2137324859394542901

Pocket



関連記事

ページ上部へ戻る