3Dプリント技術を利用したミレニアムファルコン号イメージ車体

日産自動車は3Dプリント部品を組込だミレニアム・ファルコン号イメージの車体を制作

日産自動車は、全米で5月25日(日本 6月29日)より公開されるスター・ウォーズシリーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(原題:Solo: A Star Wars Story)』のプロモーションの一環として、同作を製作するルーカス・フィルム(Lucasfilm)、ILM(Industrial Light and Magic)、Vehicle Effectsとコラボし、ミレニアム・ファルコン号をイメージした日産車 ROGUE(以下 ローグは、日産自動車が北米市場で販売するクロスオーバーSUV)のカスタムカーを制作した。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のプロモーションのために制作された日産ローグは、ミレニアム・ファルコン号のコックピットをイメージした内装に仕上げるため、3Dプリント技術を活用しており、ミレニアム・ファルコン号の操縦風景を再現するため、音や光の演出を反映したボタン類を配置。
センターコンソールには、マウント型の「ハイパードライブ」コントローラーも搭載している。

車体外装後部には、ミレニアム・ファルコン号の大きな特徴の一つである「ハイパードライブ」を再現するため、青色LEDと高音質のBoseサウンドユニットを搭載。大出力のサウンドユニットによる音と光の組み合わせで、ハイパードライブの視聴体験を提供する。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る