シンガポール政府は2023年までにSTEM教育を拡大

シンガポール教育省は全ての小中学校に3Dプリンティングやロボット教育などのSTEM教育を拡大する

80以上の小学校と155の中等学校に応用学習プログラム(Applied Learning Programme 以下 ALP)を提供するシンガポール教育省は、2023年までに全ての小中学校にロボット工学、プログラミング、3Dプリンティングなどの最先端のSTEM教育プログラムを拡大する。

アジアで最も3Dプリンティング技術の研究に注力しているシンガポールは、急速に進化するデジタル産業における競争力を高めるため、Additive Manufacturing製造技術の導入拡大を目指し、NAMIC(The National Additive Manufacturing Innovation Cluster)を設立。これまでに、南洋理工大学(Nanyang Technological University/NTU)の3Dプリンティングセンター設立に4,200万ドルを投資している。

シンガポール教育省は、今回発表されたALPプロググラムの拡大を目的に、2020年までに新たな国立科学センターを設立し、ハンズオンメーカーのワークショップや専門的なラボセッションなど、参加する学生達に高度なSTEM学習体験の場を提供する。

※ ALPとは、実世界における知識の実用的な応用に基づいたスキルと資質を得る機会を与え、21世紀のコンピテンシーと価値の開発に取り組むプログラムである。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る