電子決済可能な指輪 Sesame Ring

RFID内蔵の3Dプリントリング「Sesame Ring」

Kickstarterでスタートアップしたこのファッションリングには、RFID(Radio Frequency IDentification)が埋め込まれ、SuicaやPASMOなどのように利用できる非接触ICチップを搭載した装飾品。

sesamering_1

MITの学生チームにより開発されたこのリングは、同大学の卒業記念クラスリングからフィーチャーされたデザインによるモノ。
現在、米国内の一部地下鉄やバスで利用できるICカードのウエアラブル端末として稼働中のようです。

sesamering_0

3Dプリンタにより造形されるリングには、RFIDタグが埋め込まれ
電車等を利用する際は、このリングをセンサーにかざすだけでOK!
SuicaやPASMOなどの決済カードを持たずに、このリングによるタッチだけで通過できてしまう優れモノ。
日本での実行には時間を要するかもしれませんが、将来的には世界規模で展開する計画のようです。

sesamering_2sesamering_3

[quicktime]https://d2pq0u4uni88oo.cloudfront.net/projects/636776/video-280891-h264_high.mp4[/quicktime]

外装を3Dプリンターで造形

利用者の希望に応じ、表面(15×15㎜サイズ)にイニシャルをデザインし、3Dプリントしてくるそうですが
今現在、一台の3Dプリンターだけで造形しているため、とても時間が掛かっているようです(笑
クリスマスまでには送れるようにしたい。とコメントがありますが、間に合うのかな?
キチンとした量産体勢が整えば、当然3Dプリンタは利用されなくなりますが、その場合のイニシャルデザイン対応はどうされるのでしょう?

sesamering_4

日本で許諾を得るのは至難の業でしょうが、日本国内で利用できるようになる日が来ると良いですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る