わずか10秒で撮影可能な人物用3Dスキャナ「PASHAZO」

iJetは3Dに最適な性能を持つPanasonic製デジタルカメラでの同期撮影を実現

3Dソリューション事業を行う株式会社アイジェット(本社:東京都港区、代表取締役:久米原 勝)は、多数の画像データをベースとして人物の3Dデータを構築するための撮影キット「PASHAZO(パシャゾー)」を2016年3月30日より販売開始。

PASHAZO_1

「PASHAZO(パシャゾー)」の特長

  • 8台のLUMIX DMC-FZ1000を使用し、総画素数30億画素(FASTモード)/40億画素(Normalモード)を超える画像データから高精細な全身3Dデータの生成が可能。
  • 人物がターンテーブルに乗って回転する方式を採用し省スペース化を実現。
  • 3Dデータ取得に必要な時間は最短10秒。(FASTモード)
  • 80台以上のカメラを使用した場合に比べ、大幅な低価格化を実現。
  • キャスターと分割式フレームを採用しイベントなどへの出張が容易。
  • 3Dスキャナと3Dプリンターを使用したフルカラー人物フィギュアの製作を黎明期から行っている株式会社アイジェットの技術により最高品質で3Dプリント出力しフィギュア化が可能。

商品概要

本システムは、有効画素数2,010万画素、高感度な1.0型センサーを搭載したパナソニック株式会社製「LUMIX DMC-FZ1000」8台を、アイジェット独自開発となる同期システムによりコントロール。3Dデータ化に適しているLUMIXシリーズの高品質2次元画像を素材とした高精度な3次元データ生成ができます。
ターンテーブル方式の問題点であった撮影時間を従来より短縮させ、FASTモードでは最短10秒で3Dデータ生成に必要な150枚以上、30億画素以上の画像データを取得することができます。
(Normalモード:25秒 40億画素以上)

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

撮影に必要なスペースは最少時で2.5m×2m程度となっており、省スペースでの運用が可能。キャスターと2分割可能なフレームを採用しイベントなどへの設置・移動が容易であるのも大きな特徴となっています。
株式会社アイジェットが従来から行っている3Dプリンターを使用した人物フィギュア事業はもとより、急激に需要が多くなってきているCG用の人物3Dデータ作成用のデータ取得を容易に行うことができるため、CG制作会社などへの販売も見込んでいます。

 

人物用スキャナーラインナップ

今回の「PASHAZO」発売により当社が発売する人物用スキャナーは下記の2ラインナップ

  • 3Dデータ構築までの時間10分を実現した、アイジェットオリジナル人物専用3Dスキャナー「SHOZO 3D」
    (赤外線スキャナを使用し50秒でスキャン完了、約10分でフルカラー3Dデータの構築が可能)
  • 色再現性が高く撮影時間が10秒に大幅に短縮された3Dスキャナー新製品「PASHAZO」

また3Dモデル構築ソフトを使えない事業者でも株式会社アイジェットでは「PASHAZO」で取得した画像データからの3Dモデル構築サービスと、39万色フルカラーの石膏製3Dプリンターを使用し、高品質な色情報を持つ3Dデータの品質を最大限に生かした最高品質の3Dフィギュアを作成サービスもオーダー可能となっています。
さらに、フィギュア事業・スキャン事業を行うための受発注管理まで含めたトータル・システムも別途用意。

データの取り込みには別途PCが1台必要となるが、ストレージ機能中心で高スペックが必要とされないため、既存のノートPCなどを使用できるなど機動性が高いのも特徴です。(Windows/Mac 対応)

 

販売概要

販売は、全国のヤマダ電機法人営業所とアイジェット自社での直販。導入・運用をサポートする保守サービス契約も可能。
<ヤマダ電機問い合わせ先>
全国のヤマダ電機法人営業所もしくは
メール:houjin_honbu@yamada-denki.jp
web:https://www.yamada-denki.jp/contact/houjin.html

アイジェット会社概要

社名:株式会社アイジェット
本社:〒105-0022 東京都港区海岸2-1-16 鈴与浜松町ビル
代表者:代表取締役 久米原 勝
設立:2009年5月14日
社員数:39名
資本金:2億1,140万円
事業内容:3Dプリンティング事業、3Dデータ事業、3D設備の製造・販売、3Dソリューション事業
URL:http://www.ijet.co.jp


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る