オープンソースの折りたたみ四面体凧

オープン環境で利用可能な3Dプリント四面体凧

openkite-1

ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに在籍するアーティストSehun Ohは、アレクサンダー・グラハム・ベルによって発明された四面体構成の凧『四面体凧』を、3Dプリント可能なオープンキットとして自身のサイトから公開しました。
オープンソースプロジェクトとして公開された折りたたみ四面体凧は、複数回のプロトタイプを経て完成し、構造強度、重量、サイズ、飛行能力において、デスクトップタイプ3Dプリンターで最適なバランスで造形できるように仕上げられています。

このカイトの3Dプリント用データは、同氏のホームページから無償でダウンロードすることができます。

openkite-3

プロトタイプ製作から完成デモ飛行用パーツはUltimaker 2で3Dプリント(ABS推奨)されており、飛行に十分な強度を担保しています。組立てには、3Dプリントパーツ以外にストローや薄いプラスチックフィルム、釣り用ライン(または類似品)、アルミ線(直径1.2mm)、接着剤などを揃える必要がありますが、オープンキットとして公開されているため、構築に必要な材料に関する詳細情報も全てアップされています。

openkite-2
openkite-4

このカイトをSNSに投稿する際には、#openkiteのハッシュタグをつけて拡散してください。




DMM.make DISPLAY

関連記事

ページ上部へ戻る