オランダに3Dプリントフードレストランが誕生

3Dプリントフードメニューを常設したレストランがオランダにオープン

オランダ人シェフJan Sminkは、フード3Dプリンタメーカー「byFlow」と協力し、オランダ北部の州、フリースラント州ウォルフェガに、同国初となる3Dプリントフードを提供するレストランをオープンさせる。

byFlowと共に3Dプリントフードメニューの開発やその可能性について提唱してきたオランダ人シェフJan Sminkは、ミシュラン3つ星レストランで修行を積んだ実力者で、byFlowが開発する携行型フード3Dプリンタ『Focus 3D Food Printer』を使用したメニューを提供するレストランを開き、ユニークで新しい体験をゲストに提供するため、伝統的な地元の食材ベースに、Focus 3D Food Printerを使った常設メニューを考案。

Jan Sminkは、3Dプリントフードの第一人者として、Focus 3D Food Printerを利用したレシピ開発やデモンストレーションを行っており、先に開催されたオランダ最大の食品産業イベント『Horecava(2018年のテーマは「未来を味わう」)』では、byFlowと協力し、伝統的なオランダ料理をベースとした3Dプリントフードを提供した。

2018年9月にオープン予定のレストランは、3Dプリントフード開発の研究拠点となることを目的としており、店内の目立つ場所に常設されるFocus 3D Food Printerのデモンストレーションも行われる予定。

レストランは、5月1日よりオープンに向けた準備が本格化し、5月中旬頃にレストラン名の発表と特設サイトの公開を予定で、サイト開設と合わせ、レストランの予約受付けを開始する。

2016年「Food Ink」によって実施された出張レストラン企画でもFocus 3D Food Printerが使用された

フード3Dプリンタ「Focus 3D Food Printer」の購入について

Focus 3D Food Printerは基本的に日本への販売は行っておりませんが、ご要望があれば弊社にて購入に向けた交渉を行うことも可能です。具体的なご相談があれば、弊社のコンサルティングサービスをご利用ください。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る