3DモデルとARの融合VRモックアップサービス

3Dデータから3Dプリント造形物を出力しAR表示を付加するサービス「モケイプラス」

mokeiplus2

株式会社アーク情報システムは、触覚と視覚の両面から利用者に訴求する新サービス VRモックアップサービス「モケイプラス」の受付を8月1日より開始する。

「モケイプラス」は、3Dプリンタを利用した立体造形物の出力サービスに加え、その造形物にAR「拡張現実」表示を付加した『3DモデルとARの融合』という、新しいタイプの3Dプリント出力サービスです。

ユーザーは、3Dプリントの申し込みを行い、CADデータとメタデータなどをアップロードすることにより、iPhoneやiPadを利用したAR表示ができる立体造形物を手にすることができる。
また、1つの立体造形物に対し複数のiPhoneやiPadから、それぞれ異なるAR情報を同時に表示させることも可能(Android端末対応は未定)。
ユーザーから預かったデータは、アーク情報システム社内のStratasys Objet EDEN 260Sで3Dプリントされ、AR情報を造形物に付加される。
設定されたAR情報は、アーク情報システムの開発した専用アプリを使用してiPhoneやiPadといったモバイル端末を通して見ることができる。

mokeiplus-3

アーク情報システムでは、試作品を手軽に作りたい製造業や、ARを融合した展示物を検討中の博物館や教材用途としての活用に教育機関等に向けての普及を展開予定。

サービス利用価格は、造形物のプリントに要する樹脂の量により変動
例:樹脂使用量150gの造形物の場合、37500円(税別)

また、AR情報付加サービスは閲覧期間に応じて費用が変動
1ヶ月1000円(税別)から
※長期利用契約では割引適用有


関連記事



関連記事

ページ上部へ戻る