リアルな魚のように泳ぐ3Dプリントロボット

リアルな魚のように泳ぎ水中観測を可能にするMITの3Dプリントソフトロボット『SoFi』

MITのコンピュータ科学・人工知能研究所「CSAIL(MIT Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)」の研究チームは、3Dプリントされたシリコーンゴムで作られたSoft Robotic Fishを開発した。

ソフト・フィッシュの頭文字から名付けられた『SoFi』と呼ばれるこの魚型ロボットは、リアルな魚のように水中を泳ぎ、人間よりもより海洋生物に近づきやすい姿をしている。
リアルな魚に近づけることで、水中環境や野生生物の調査に活用されることが期待されている。

SoFiは、3Dプリンタで制作されたヘッドに、魚眼カメラ、マイクロコントローラー、モータードライバー、デプスセンサーなどの電子機器を搭載し、頭部への浸水を防ぐため少量のベビーオイルが充填されている。

SoFiは、本物の魚のように尾ひれを動かし、空気の圧縮と減圧による「浮力制御ユニット」により、最大深度50フィートを約40分間に渡り泳ぎ続けることができる。

研究チームは、SoFiのリモート操作のため、スーパーファミコンをハッキングし、防水対応の通信システムを構築し、SoFiの泳ぎをコントロール。頭部に設置されている魚眼レンズを使用して、高解像度の水中写真を撮ることができる。

SoFiは、水中観測の開発に向けた第一歩であり、CSAILの研究チームは今後3Dプリントソフトロボットのデザインや機能を改善し、実際の魚に自動追従する機能を追加したいと考えている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る