世界初フルカラーUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ

UV硬化インクジェット方式で世界初!1000万色超のフルカラー3Dプリンタ『3DUJ-553』

ミマキエンジニアリングは、1000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式の3Dプリンタ『3DUJ-553』(税別本体価格 1,780万円)の販売を2017年11月より開始する。

ミマキエンジニアリングが提案する3Dプリンタ『3DUJ-553』は、従来の高画質業務用2Dインクジェットプリンタで培ってきた技術を活かし、世界初となる1000万色超のフルカラー造形を実現。
造形後の色付けでは難しかった色彩表現により、立体造形オブジェクトの看板や建築模型といった、最終製品用途への活用も可能。

造形にはUV光を照射することによって硬化するUV硬化インクを使用しており、最小積層ピッチ22μmを実現。細部のディテールまで再現できる精巧さにより、従来のカラー3Dプリンタでは再現できなかった色彩豊かな造形が可能となる。

UV硬化インクジェット方式を採用

UV光(UV-LED)を照射すると硬化するUVインク(C,M,Y,K,ホワイト,クリア)を一層ずつプリントし、積層造形。造形後に着色するのではなく、カラーインクを使用して造形するため美しいフルカラー表現を実現。

また『3DUJ-553』では、水溶性のサポート材インクを採用することで繊細なデザインの場合でもモデルを破損することなく、簡単にサポート材を除去することが可能となった。

積層&着色方法

スライスした3Dデータを、カラーインクとサポート材インクで同時にプリントすることで造形。

3DUJ-553 仕様

  • 特設サイトhttp://japan.mimaki.com/special/3d_print/product.html
  • 造形方式:UV硬化インクジェット方式
  • 表現可能色数:フルカラー1,000万色以上
  • プリントヘッド:オンデマンドピエゾヘッド 8ヘッドインライン
  • インク
    種類/色:モデル材インク MH-100(C, M, Y, K, ホワイト, クリア)、サポート材インク SW-100
    内蔵タンク容量:C, M, Y, K 3L、ホワイト, クリア, サポート材 5L
    供給形態:C, M, Y, K 1Lボトル、ホワイト, クリア, サポート材 4.8Lボトル
  • 造形領域(W×D×H):508mm×508mm×305mm
  • 最小積層ピッチ:22μm
  • 造形時間(100×100×100mm(W×D×H)サイズ造形時)
    高速モード:14.4時間 600×300×600dpi(42μm)
    標準モード:17.0時間 600×300×800dpi(32μm)
    高精細モード:25.7時間 600×300×1,270dpi(22μm)
  • 3Dデータフォーマット:STL、OBJ、VRML、PLY、3MF
  • ソフトウエア(標準添付):レイアウトソフト「Mimaki 3D Link」
  • インターフェイス:Ethernet 1000BASE-TX
  • 電源仕様:単相AC100~120V/220~240V±10%、50/60Hz±1Hz
  • 適合規格
    VCCIクラスA/FCCクラスA/UL60950準拠ETL/
    CEマーキング(EMC指令、低電圧指令)/CB認証/
    RoHS対応/REACH
  • 外形寸法(W×D×H):2,130mm×1,335mm×1,320mm
  • 重量:590kg(インク重量含む)
  • 本体価格:1,780万円(税別)
  • インク価格:MH-100(1L)31,900円、(4.8L)136,100円、SW-100(4.8L)67,800円

3DUJ-553活用案

『3DUJ-553』は、サイングラフィックス市場、インダストリアル・プロダクツ市場に向けたビジネス提案を行う。

サイングラフィックス市場に向けた提案
3D造形によるリアリティある立体モチーフと2Dを組み合わせたオブジェクト看板は、一目で認識できるわかりやすさと存在感を備え、サインとしての効果を格段に高める。『3DUJ-553』は1000万色以上のフルカラーを実現し、さらにカラープロファイルを採用した色調整で色の再現性を高めている。

モックアップ/インダストリアル・プロダクツ市場に向けた提案
ディテールまでこだわった精細な造形、フルカラーが求められるフィギュアなどの最終製品や立体地図制作、モックアップなどにおいてもプロの目を納得させられる造形を実現。さらにオーバーコートの使用やネジの取り付けといった後加工も可能。

プロモーション動画


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る