世界初の菓子3Dプリンタ「Magic Candy Factory」

世界初となる菓子3Dプリンタ「Magic Candy Factory」が英国でローンチ

magic-candy-factory-uk-lounch-9

ドイツ有数のお菓子メーカーKatjesは、先にローンチしたベルリン、米国などに次ぎ、英国内の複数のショッピングセンターで菓子3Dプリンタ「Magic Candy Factory」の利用をスタートした。

Magic Candy Factoryは、同社の英国法人マネージャーメリッサ・スノーバーさんの提案により開発された3Dプリンタで、専用アプリ「The Magic Candy App」を利用し、自撮り写真や画像などから独自にカスタマイズしたお菓子(立体グミ)を数分間で作ることができる。

magic-candy-factory-uk-lounch-1

Magic Candy Factoryは、シリンジポンプに詰めたカシス、レモン、イチゴ、グリーンアップルなど、各国の食品安全基準を満たした8種類以上のフレーバーの速乾性グミ物質(グルテンや乳製品を含まない)を材料に、オリジナルデザインの立体菓子を造形できる3Dプリンタとして2015年に登場した。

magic-candy-factory-uk-lounch-3

米国でも話題となったMagic Candy Factoryはハリウッドスターなどにも利用され、トム・ヒドルストンなども自撮り写真から3Dプリントキャンディを制作している。

magic-candy-factory-uk-lounch-7

同社は今後、中東、カナダ、アイルランドなどにもこのサービスを拡大する予定。


フード3Dプリンタ関連記事




DMM.make DISPLAY

関連記事

ページ上部へ戻る